新着情報

水回りリフォームを考えるタイミング


リフォームはキッチン、トイレ、お風呂といった水回りの要望が多いです。
本体が明らかに壊れてしまったのであればそれがリフォームのタイミングになるのですが、
難しいのは、外見上は問題が発生していない場合です。
キッチン、トイレ、お風呂に代表される水回りのリフォームについて、工事のタイミングについて解説します。

▶︎水回りリフォームを考えるべき時期の目安

キッチン

キッチン本体の交換目安は15~20年ですが、
10年を経過したあたりで、レンジフードやコンロなどの点検をしてください。
このくらいの時期には、調子が悪くなっていることが多くなります。

また、何か調子が悪くなる前に使い勝手が悪いと感じたら、リフォームのタイミングと言えます。

トイレ

トイレ本体の交換目安は15~20年です。
ただし、20年前のトイレと今のトイレでは使用する水の量が格段に違います。
本体に問題がなくても節水型に交換したほうが、結果的にはお得になることもあります。
さらには水を流す音が静かな商品や、掃除のしやすさに着目した商品なども数多く発売されています。
とくに掃除がしやすいトイレはおすすめです。

またトイレの不調でよくあるのは、レバーの不具合や水を溜めるタンクの動作がスムーズでなくなるケースです。
完全に壊れるというわけではないのですが、
レバーが何となく引っかかったり、水の流れや溜まり方に問題が生じたりすることが多いようです。
こういった場合もリフォームを検討したほうがよいでしょう。

お風呂

使用しているのが昔ながらのお風呂かユニットバスかで、ある程度変わってくるのですが、
やはりお風呂も20年程度で交換の時期を迎えます。

ユニットバスでは見かけませんが、床や壁がタイル貼り仕様だとどうしても目地の汚れに加えてヒビが入ってしまいます。
このヒビを放置すると水が構造躯体にまで回ってしまい、最終的には柱が腐ってしまうことにもなりかねません。

 

▶︎水回りリフォームは一度に済ませたほうがよい?

水回りのリフォームは、実はまとめて済ませたほうが圧倒的にお得です。
どんな工事であっても、まとめて行うことで施工会社の手間なども大幅に省けるため、見積もりは安くなります。
また、たとえばお風呂だけをリフォームしてその横にあるトイレは手をつけないとします。
この場合、施工会社はトイレに影響が出ないように配慮しながらお風呂を取り替える必要があります。
一方で、トイレも一緒にリフォームするなら、解体工事も一気にできますし、
新しくクロスなどを貼るにしても時間短縮が大幅にできるのです。

このように、リフォームを別々に行うと準備などの手間がそのつどかかり、
その分の金額が追加されることになります。

まとめて行うことで結果として得をするケースもあるので
リフォームする際は他にも不備がないか確認してみましょう。

 

▶︎水回りリフォームの注意点

キッチン、トイレ、お風呂などのリフォームをする際の注意点は、
商品カタログだけを見て決めないでください!ということです。
たとえばお風呂ならば、ショウルームに行って浴槽に実際に入ってみてください。
キッチンの作業台の高さ、収納の高さや使い勝手を確認してください。
体感するのとしないのでは大違いです。必ず自分の体で確かめて商品を選択することをおすすめします。

今回は水回りのリフォームの時期をお話ししてきました。
リフォームの中でも水回りは比較的大きな金額が発生する工事です。リフォーム後に後悔しないように知識をつけてから臨みましょう。

Installing faucet with thermostat. Man’s hands are fixing bath tap into place.


米原市の給排水設備工事や水漏れ・詰まりといったトラブルはさかい株式会社にお任せ下さい。


会社名:さかい株式会社

住所:〒521-0233 滋賀県米原市野一色367-44

TEL:【代表直通】090-8731-1962 【事務所】0749-55-4004
FAX : 0749-55-4004

営業時間 :8:00~17:00 定休日:土・日・祝日

対応エリア:米原市を中心に、湖北エリアまで ※その他の地域はご相談ください

《 業務内容 》
キッチンリフォーム、お風呂リフォーム、トイレ・洗面所リフォーム、水道トラブル、
漏水調査・修理、下水工事、給排水設備工事、その他住宅リフォーム

LINEで簡単お見積り

pagetop