新着情報

洗面所のリフォームで抑えておきたいポイント


洗面所は洗顔や手洗いなどで、家族みんなが毎日必ず使う場所と言っても過言ではありません。
そんな使用頻度の高い場所だからこそ、傷や色あせ、収納に不調があらわれたり、破損しやすくなります。
洗面所は清潔さが大切ですから、落ちない汚れや傷があると
「リフォームをしてキレイにしたい」という思うことも少なくないと思います。
そこで今回は、洗面所や洗面台のリフォームのポイントについてご紹介します。
リフォーム検討中の方は参考にしていただければと思います。

■洗面所は湿気がこもり劣化が起こる

築年数で劣化を確認する

洗面所は浴室の横にある場合が多いため、湿気がこもりやすい場所です。
さらに、お風呂を利用した際に水滴が床に付着することもあるため、洗面所の床は過酷な環境にあると言えます。
表面の傷みがひどくなり、ギシギシ音がしたりする場合はその現れです。
また排水溝や排水管のつまり、蛇口の水漏れなども洗面所で起きやすいトラブルです。
水気の多い場所のためカビも生えやすく、衛生状態にも注意しなければいけません。
洗面所にカビや黒ずみ、気になる傷などを見つけたら、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

また、使用年数から考えるのもオススメです。
使用する上で問題ない場合でも、目に見えない場所で異常が発生している可能性がも考えられます。
例えば、洗面の蛇口の場合、20年も使っていれば交換の時期です。
もし、家の築年数が20年~25年であれば、洗面所を細かくチェックして劣化状況を確認しましょう。
まとめてリフォーム行う方がお得になる場合が多いのです。

収納スペースを工夫する

洗面所をリフォームするときは収納にもこだわりたいですよね。
洗面所には洗濯機を置いている家も多く、洗剤やお風呂上りに使うタオル類や替えの足ふきマットなども収納するスペースが必要になります。
壁の上部に棚を取り付けるのが一般的です。
他には洗面台の横にカウンターを設置すれば、台の上には常時使う洗剤を置くことができ、
下にその他のものを収納することで機能的に使えます。
洗濯は毎日の作業です。洗面所での物の配置を使いやすいようにすると毎日の洗濯が楽になるでしょう。

洗面台の高さを決める

洗面台の高さは75cm~85cmの製品が一般的です。これは身長の半分が丁度良いとされているためです。
低すぎると腰を大きくかがめなくてはならなくなり、腰が辛くなります。
家族構成や家族の成長によって適切な高さがあるので、ご家庭に合った高さをおおよその値で決めておくと良いでしょう。

床や天井の素材を選ぶ

最初に述べたように洗面所の床は腐りやすい環境にあります。
洗面所のリフォームの際は水に強いものを選ぶようにしましょう。
適した素材は以下のものです。
・床材:タイル、クッションフロア、耐水フローリング、コルク
・壁や天井:珪藻土、防カビ機能のある塗料を使用した調湿機能のある壁紙

最近は、耐久性に優れており、お手入れもしやすい
様々な機能がついた素材が豊富に揃っていますのでチェックしてみてください。

 

■洗面所全体のリフォームを

先ほども述べたように、洗面台をリフォームする場合そのスペース全体をリフォームすることをオススメします。
床や壁などは腐敗しやすいため、築年数の古い家は時間の経過により劣化していることが予想されます。
また、最近の洗面台は収納も優れており、効率的に物をしまえるだけでなく使い勝手もとても良好です。
毎日の洗濯をしやすくするための台の設置なども洗面所リフォームのメリットになります。

今回ご紹介したポイントを踏まえて、洗面台のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。


米原市の給排水設備工事や水漏れ・詰まりといったトラブルはさかい株式会社にお任せ下さい。


会社名:さかい株式会社

住所:〒521-0233 滋賀県米原市野一色367-44

TEL:【代表直通】090-8731-1962 【事務所】0749-55-4004
FAX : 0749-55-4004

営業時間 :8:00~17:00 定休日:土・日・祝日

対応エリア:米原市を中心に、湖北エリアまで ※その他の地域はご相談ください

《 業務内容 》
キッチンリフォーム、お風呂リフォーム、トイレ・洗面所リフォーム、水道トラブル、
漏水調査・修理、下水工事、給排水設備工事、その他住宅リフォーム

LINEで簡単お見積り

pagetop