新着情報

地域別の凍結防止策②


▶︎破裂防止策は水道管破裂の原因によっても異なる

水道管は凍結の他にも破裂する可能性があるため注意が必要です。以下に凍結以外の2つの原因を挙げておきます。

・経年劣化による破裂はメンテナンス定期的に行う

経年劣化による水道管の破裂があります。水道管のメンテナンスを定期的に行うことで破裂を未然に防止できます。
水道管の材質によって劣化が進行するスピードが異なるので注意が必要です。

・地震や地滑りによる破裂は元栓を閉めて対処

強い力がかかって水道管が設置箇所からずれることよるものです。
地震が続くようであれば元栓を閉めるといった対策は可能ですが、防止は難しい状況です。
破損がしたときは業者に修理を依頼しましょう。

▶︎知っておきたい凍結する条件

水は冷やされて凍結すると膨張して体積が増えます。
体積が増えると水道管が詰まったり、ひびが入ったりとトラブルが起きます。
凍結を防止するためには、水道管を冷やさないことが重要です。
では、どんな条件で水道管が凍結し、どのような水道管が凍結しやすいのでしょうか。

最初に、水道管が凍結しやすくなる条件を見ていきます。

・外気温が-4℃以下のとき

外気温が-4℃以下になると水道管が凍結して破裂しやすくなります。「凍結は-4℃が目安」と覚えておきましょう。

・外気温が1日中氷点下の真冬日が続くとき

風当たりの強い場所や陽射しの少ない日陰などでは、
気温が-1℃~2℃程度でも真冬日が続くと水道管の凍結や破裂が多くなります。

・旅行や出張などで長期間にわたり水道管を利用しないとき

長期間にわたって家を不在にすると、暖房などを使用しないために家のなか
が冷え、
水道管内の水も動かないため凍結しやすくなります。
次に、凍結しやすい水道管の条件です。
①屋外で剥き出しになっている水道管
②風当たりの強い場所にある水道管
③家の北側にあり、陽当たりのよくない水道管
冷えやすい場所に位置する水道管が凍結しやすいということになります。

▶︎まとめ

今回は水道管の凍結・破裂防止策をご紹介しました。
凍結が起きると長時間にわたって水が使えないだけでなく、
修理費用は基本的に自己負担となるので家計にも影響を及ぼします。
水漏れが起きると集合住宅では隣家への弁償が必要となることも。
水道管の凍結・破裂防止策は、少しの手間がかかるくらいですぐにできます。
本格的な寒さがやってくる前に、対策をしましょう。

急に冷え込んだという時には、配管保温剤や発泡スチロール付きの保温テープ、筒状のパイプカバーなどがあり、
ホームセンターやDIYショップで入手できますので、応急処置を。

北側の床下部分が開放されている場合は、冬場だけ(一時的に)板などでふさぎます。
床下の配管への北風の直撃を防ぐためです。
メーターボックスや元栓部分には、ボロ布を入れたビニール袋などを詰め込みます。
外気に直接は触れていませんが意外に凍結しやすいので注意しましょう。

とくに冷え込みが予想される夜は、メーターからもっとも離れたところの蛇口を、

小量の水を出しっぱなしにしておきましょう。
2階にも蛇口がある場合は1・2階の計2ヶ所から出す。
寒冷地で凍結予防の水抜き栓が設けられている場合は、必ず水抜き処置を行いましょう。

浴室は北側にある場合が多く、お風呂に入らない日は浴室の温度が外気温と同じくらいに下がり、
給水・給湯管が凍って丈夫なカランでさえ破損することがあります。
冷え込みが予想される夜は、就寝の前に、浴槽に水が入っている場合は水を抜き、
給水・給湯栓のどちらも少し開いて水を出しっ放しにしておきましょう。

冬場に長期間留守にすると、室温が異常に低下し水道管が凍結することがあります。
お出かけの前に次の手順で水道管内の水抜きをしましょう。
1.まずメーターボックス内にある元栓(全水栓)を閉めます。
(元栓は独立して埋め込まれている場合もある)
2.次に一番高い位置にある蛇口と、一番低い位置にある蛇口を開けて、水を抜きます。
一般に高いほうから2階洗面所、キッチン、風呂、庭の立水栓、散水栓の順です。
なお、設備機器(給湯器等)については、取扱説明書をよく読んで
水抜き処置をしましょう。

寒波が訪れたときに備えて、防止策を練っておきましょう。

 

 


米原市の給排水設備工事や水漏れ・詰まりといったトラブルはさかい株式会社にお任せ下さい。


会社名:さかい株式会社

住所:〒521-0233 滋賀県米原市野一色367-44

TEL:【代表直通】090-8731-1962 【事務所】0749-55-4004
FAX : 0749-55-4004

営業時間 :8:00~17:00 定休日:土・日・祝日

対応エリア:米原市を中心に、湖北エリアまで ※その他の地域はご相談ください

《 業務内容 》
キッチンリフォーム、お風呂リフォーム、トイレ・洗面所リフォーム、水道トラブル、
漏水調査・修理、下水工事、給排水設備工事、その他住宅リフォーム

LINEで簡単お見積り

pagetop