新着情報

蛇口からの水漏れ原因


キッチンや洗面所、浴室などでよく取り付けられている蛇口の種類は異なり、

取り付けられている蛇口が違えば、水漏れの原因も変わってきます。

今回は場所別によく使われている蛇口の種類とその水漏れの原因についてご説明いたします。

 

蛇口の種類と水漏れ原因

よく使われている蛇口の種類は、大きく2種類に分けることができます。

最近の家に多いレバーを上下して水の操作をするのが「シングルレバータイプ」の混合水栓と、

ハンドルを捻って水の操作をする「ハンドルタイプ」の混合水栓です。

混合水栓とは、ひとつの蛇口からお湯と水の両方を出して水の温度を調節するタイプの水栓のことです。

(※ちなみに、お湯もしくは水など片方だけ出るのが単水栓です。)

シングルレバータイプの混合水栓

洗面台の種類にもよりますが、水が出る吐水口とレバーが分かれているセパレートタイプのものと

キッチンのようにレバーと吐水口が一体型になっているものがあります。

バルブカートリッジはレバーを左右に動かすことで、中のディスクが動き水温の調整を行っており、

シングルレバータイプの混合水栓の胴体部分に入っています。

そのため、シングルレバータイプの混合水栓の根本部分やレバーのつなぎ目から水が漏れている場合は、

バルブカートリッジが劣化・故障しているといった原因の可能性が高いです。

また、『シャワーヘッド』がついているタイプの場合は、このシャワーヘッド内部のパッキンが劣化していることもあります。

ハンドルタイプの混合水栓

比較的、古いお家になるとハンドルタイプの混合水栓を使っていることもあるかと思います。

ハンドルを捻って出すタイプの混合水栓の水漏れの場合、

よくあるのがハンドル部分のゴムパッキンの劣化が原因のことが多いです。

 

浴室の蛇口の種類と水漏れ原因

浴室でよく使われている蛇口の種類も、大きく2種類に分けることができます。

浴槽の縁などに取り付けられている台付きタイプの混合水栓と、

壁に穴を空けて取り付けられている壁付きタイプの混合水栓があります。

どちらも、シャワーがついているタイプと吐水口のみ部分があります。

台付きタイプの混合水洗

浴槽の縁部分についている台付きタイプの混合水洗には、

シャワーが一緒のもの、レバーのみ、ハンドルのみ付いているタイプがあります。

壁付きタイプの混合水洗

浴槽とは別に、壁に取り付けられているタイプの蛇口です。

台付きと同じように、レバーやハンドルのみのタイプとシャワーが一緒に取り付けられているタイプがあります。

台付きのものも壁付きのものも根本部分やシャワーホースの接続部分から水漏れがしている場合は、

ナットの緩みもしくはパッキンの劣化などが原因の可能性があります。

 

蛇口の水漏れ修理と水道料金について

蛇口の水漏れ修理を検討されている方の中には、水道料金が急に上がってしまったのがきっかけで

修理をしようと考えられている方もいらっしゃるかと思います。

『蛇口から水がポタポタ漏れていたから』といって、急に水道料金が2倍、3倍になることはないかと思います。

1秒間に1滴のペースで水が漏れていた場合でも、住んでいる地域などによって変わりますが、

月で200~400円程度だと言われています。

水道局の方から水漏れしていると言われた場合は、こういった『蛇口からポタポタ』漏れているというよりも、

「配管の一部から水が漏れている」「目に見えない部分で水が大量に漏れている」「トイレのタンクが故障して水が流れ続けている」

といったことで指摘されることが多いかと思います。

自分で調べても分からない場合は、水漏れ調査などを依頼して調べることをおすすめいたします。


米原市の給排水設備工事や水漏れ・詰まりといったトラブルはさかい株式会社にお任せ下さい。


会社名:さかい株式会社

住所:〒521-0233 滋賀県米原市野一色367-44

TEL:【代表直通】090-8731-1962 【事務所】0749-55-4004
FAX : 0749-55-4004

営業時間 :8:00~17:00 定休日:土・日・祝日

対応エリア:米原市を中心に、湖北エリアまで ※その他の地域はご相談ください

《 業務内容 》
キッチンリフォーム、お風呂リフォーム、トイレ・洗面所リフォーム、水道トラブル、
漏水調査・修理、下水工事、給排水設備工事、その他住宅リフォーム

LINEで簡単お見積り

pagetop